【女性の一人暮らしノウハウ】防犯対策編

女性の一人暮らしノウハウ、今回は防犯対策編です。楽しい一人暮らし、新居にうつるとわくわくしてきます。
けれども、女性を狙った犯罪は毎年各所で起こっており、筆者の周りでも被害にあった方がいます。
一人暮らしをはじめたら、インテリアコーディネートを楽しむ前に、先ずは防犯面の対策をするのがオススメです。

下記、住んだ後に注意したいポイント7をご紹介します。

1. カーテンの選び方は要注意

001

(画像元:http://www.trueheart.co.jp/handling-items/curtain.html)

一人暮らしをはじめたら、先ずは、女性が一人で暮らしている事は外から分からないようにしておきましょう。

その為にカーテン選びは重要です。

花柄やピンクを選ぶと、女性が暮らしている事が外から分かりますので、出来る限り無地等、お部屋の雰囲気を壊さず、けれども女性らしすぎないものを選んでおきましょう。

最近の犯罪経路はドアより窓からの方が多くなっています。窓を見て女性が一人暮らしで暮らしている事が分からないように、対策をしておきましょう。

2.  洗濯物の干し方は要注意

002

(画像元:http://matome.naver.jp/odai/2141381056932013701/2141381247434653903)

最近は、室内干しが出来る物件が増えてきています。天気に左右されず、また外から洗濯物を見られる心配もなく、女性の方が一人暮らしされる場合は、室内干し設備がある物件をオススメしています。

室内干しがない場合や、外干しをされたい方は、タオル等で囲って、下着が外部から見えないように干しましょう。よく男性もののパンツを一緒に干した方が良いといいますが、こちらもオススメの対策です。

男性が室内にいると思われると、被害にあう可能性は少なくなりますので、ボクサーパンツ等を一つ持っておくと良いかもしれません。

3. インターフォンが鳴ってもすぐにドアを開けない事

010

宅配便等で誰か来たとしても、すぐに扉は開けないようにしましょう。ドアを開けたとたん、いきなり押し入ってこられる可能性があります。

宅配便等が来た場合は、ドアフォン等で相手を確認し、ドアを開けるときは必ずドアチェーンやU字ロックをして開けるようにしてください。

また、

「管理会社の者ですが、お部屋の修繕に来ました。」「東京ガスのものですが、ガス漏れの検査で来ました。」等、室内点検を装って入ってくる場合もあります。

室内修繕や検査の場合は、必ず事前に連絡が入ります。連絡無しで来る事はまずありませんので、こういった人が来た場合は、「出かけなければいけないので別の日に。」等伝え、ドアを開けないでください。

物件を選択する際は、下記ポイントもあわせて確認をしましょう。

  • 宅配ボックスが設置されている → 宅配便が来たときに、少し怪しいなと思ったら「出かけるので宅配ボックスに入れておいてください。」と言う事が出来ます。
  • TVモニター付きインターフォンやドアフォンが設置されている
  • 居室ドアに補助キーが付いている
  • 共用部にセキュリティ設備が設置されている

4. ゴミの出し方は要注意

ゴミ袋の中はその人の個人情報が詰まっています。ゴミをあされば、大体の生活習慣が人にしれてしまいますので、ゴミはゴミ収集直前に出すようにしましょう。

また、個人情報が分かる書類(住所の記載がある封筒等)は、シュレッダーに掛けたり、封筒を破いて捨てるようにしてください。

5. 表札は出さない事

003

(画像元:http://www.myhouse-1.com/nw_french.html)

10年以上前は表札やポストに名前を出すのは普通の事でした。

けれども、表札は個人情報。名前まで出してしまうと、女性が一人で暮らしている事が分かってしまいます。
表札を出さなくても、現在は郵便物が届きますので、出来る限り出さないようにしましょう。

6. 鍵を追加

005

(画像元:http://www.web-takigawa.co.jp/guard_bohanjyo-l.html)

セキュリティが弱い物件に住む場合は、窓や居室の扉に鍵を追加しましょう。

窓用の補助鍵等は1,000円前後で購入出来ます。低層階やバルコニーに室外機があって、下から上ってきてしまえる場合は、窓に補助鍵を付けるようにしましょう。

【参考】窓用防犯グッズ一覧

7. お部屋にセキュリティカメラを設置

こちらは、防犯対策を確実にされたい方に、お部屋にセキュリティカメラを設置してしまう方法があります。

誰もいないときに誰か入らないか、何かあった場合に親が確認できるようにしておく等、プライバシーはなくなりますが、万全な対策になります。

最近では、iPhoneアプリに「監視カメラ」(無料)があり、録画やこのカメラを通してiPhoneから声を出すことも出来ます。

現代はお金を掛けずとも、セキュリティ対策が出来ますので、こういったアプリを使うのもオススメです。

【iPhoneアプリ】あんしん監視カメラ

また、もっとしっかりした対策方法としてホームセキュリティを部屋に導入するのもオススメです。月額5,000円程で何かあった場合にガードマンが駆けつけてくれる、レディースサポート等、様々なプランが用意されています。

■ レディースサポート:http://www.alsok.co.jp/person/stalker/

遠方からはじめて一人暮らしをされる場合には、こういったサービスを利用しておくとご両親も安心頂けるかと思います。

 

 

 

以上7点、女性の方が住んだ後、注意したいポイントをご紹介させて頂きました。

せっかくの一人暮らしを存分に楽しむために、防犯対策はしっかりと行い、後は素敵なお部屋を造るのを楽しみましょう♪

 

cobako-bana